2008年11月20日

Marcelino.Pan.y .Vino

過日、逝った母親が大好きだった映画 『汚れなき悪戯』…
もう一度、観せてあげたかったなぁ!

明日が四十九日 合掌。


posted by ぽんしょん at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2008年02月05日

A to Z <私 信>


気が付くと、陽はかなり長くなっていた


ここを閲覧している可能性にかけて、異国の地にいる君たちへ伝える
昨年から病床に伏していた、酉年生まれのあの人が逝きました...!

逝く数日前、夢でも見たのであろう...
孫たちに逢った!と、やっと聞き取れるしゃがれ乾いた声で話していた

最期の時まで君たちを愛し、案じていました

この世は不変ではなく、刻々と時は経つ無常の世界です...
日本に来ることがあれば、手を合わせてあげてくださいな


じいちゃん、死なないでネ!


別れを告げた時の、君の言葉が脳裏に焼き付いています
連絡しないでゴメンよ... 君たちに幸あれ!

連綿なる挟間の中で...

dead.jpg


posted by ぽんしょん at 05:18| Comment(4) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年11月17日

初雪が積雪...


ゆきむしを見てから、20日間あまり...

例年に比べると、初雪はちょっと遅いかな。その代わり、同時に
積雪となる! 先のコメントで『ゆきむしを目撃してから、7日〜
10日後あたりに初雪が降る!』を、検証するというローカル番組
では結果が出たようだ。。

各地の視聴者情報によると、3〜30日後に「初雪日」とバラバラ...
北海道内の今年の平均日数は「17日後」という結果だったらしい。


灯油も値上がりした現在...北海道では屋外に設置してある灯油
タンク↓(容量400リットル上)から灯油が盗難される事件が多発。
http://ww5.et.tiki.ne.jp/~odanen/ht-k490s_vh-z.jpg

給油口に施錠できる『盗難防止錠』が売れているよーだ。。。



posted by ぽんしょん at 01:57| Comment(6) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年10月29日

来るぞ くるぞ 初雪…


数日前から、「ゆきむし」が空を舞い始めている。

もう11月だもんねぇ〜!
そろそろ、タイヤ交換の準備をしておかなくちゃ...


ゆきむし


posted by ぽんしょん at 23:41| Comment(7) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年09月13日

-サヌカイトの風鈴-


約1400万年前... 今の瀬戸内海あたりが陸地だった頃、火山帯が大爆発を起こし、その際に流れ出た溶岩の一部が「サヌカイト」になったものと考えられている。

サヌカイトは自然石の楽器としても有名であり、その音色は東京オリンピックの開会式開始を告げる「音」として世界中に鳴り響いたらしい... 知らなかった。


さて... なぜ、突然こんな前振りがあるのかと言うとだ...!
次にお知らせする「縄文プロジェクト(?)」の伏線となっている。。

実は、当Blogでも一役買って大いに盛り上げてくれている「眠眠さん」がこの度、小説を出したのである! 過去のコメント等でもご存知の通り、ストーリー仕立てと長文が得意な眠さんは、わたくしの従兄であり、ライターでもあり、小説家でもあるンっす。。

眠さんは、北海道釧路市出身。本名もちゃんとある。。

眠さんが高校時代に同級生だった現在マンガ家の「星野之宣 氏」。
そのロングセラーコミック『宗像教授伝奇考/異考録』シリーズが新たにノベルス化されることになり、眠さんが筆を揮う(ふるう)ことになったのです。


以前にも一度、『アダマスの宝石』という作品で星野さんが作画担当、眠さんが原作を担当したことがある。 さらに遡ると、星野さんと眠さんが同居していた時代、星野さんが描いた作品『はるかなる朝』に、眠さんがキャラとして特別出演している... へへっ、最後に殺されるけどね。

それだけ、お付き合いが古いお二人... 今回再び、年月を経てコラボレーションとなった。

年賀状のやり取りをして頂いている星野さんは、わたくしも大好きな作家さんである。。 ましてや、眠さんがノベライズする!?

「こりゃあ〜 是が非でも小説本の紹介をして皆さんに購入して貰わなくちゃ!」と...『ねぇ、宜しかったら購入して!? いや、絶対買ってよね!!』キャンペーンを当Blogで実施することにしましたのさ。。

ということで、視覚的にコマーシャルできるMovieも作成してみた。

名付けて...『ねぇ買ってよね! 縄文プロジェクト・キャンペーンMovie!』
<Quick Time Movie サイズ:360×240 容量:10.5MB 再生時間:1分>

※ブロードバンド回線以外のNet環境の方はDLに20〜30分程掛かります...。

**********************************

ノベルス・データ

『小説 宗像教授伝奇考 -縄文の磐音-』

          原作 星野之宣
           著 奥谷俊介
縄文の磐音

講談社KCノベルスより発売中! 定価1300円(税込)

**********************************

眠さん・データ

...ってなわけで、本名は「奥谷俊介」... 頭頂部は若干(かなり)薄い。
小説を購入したら、もう少し詳細プロフィールが分かるよん!

ちなみに、眠さんとはわたくしも以前タッグを組み、『竜的伝人』という
マンガを某誌に掲載したことがありンす。
http://ponshon.halfmoon.jp/ponshon/mao/m_index.shtml


『小説 宗像教授伝奇考 -縄文の磐音-』 みなさん、ぜひ入手してネ!


Movieはコチラ↓
はむクリック



posted by ぽんしょん at 18:41| Comment(12) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年09月01日

今日は何の日...?


9月1日というと「防災の日」...
死傷者20万人以上を出した関東大震災がクローズアップされるが、実は、20世紀最大の悲劇を生んだ『第二次世界大戦の始まり』の日でもある。

1939年(昭和14年)9月1日、ドイツ軍がポーランドに浸入し、第二次世界大戦が勃発した。教科書にも記載されていたはずだが、この史実は意外と記憶に薄いのではないだろうかな...!?と思う。

日本が世界大戦へ参戦するまで画策された流れを、以下、URLで確認することができて勉強になる。
http://www.gameou.com/~rendaico/daitoasenso/daitoasensootou.htm


陰謀モノが大好物のわたくしは、過去9月に起きた出来事を少し調べてみた。

-------------------------------------

■第ニ次世界大戦の勃発(1939年)

■大韓航空機、サハリン沖でソ連軍機に撃墜される。乗客乗員269名行方不明(1983年)

■米国同時多発テロ事件(2001年)

■女優からモナコ王妃に昇り詰めたグレース・ケリー、事故死(1982年)

■ロックフェラー、世界初の億万長者となる(1916年)

-------------------------------------

ロックフェラー氏の億万長者なんて、如何にも、暗躍うごめいていてソレっぽい!

9月ではないが、昨日8月31日には、ダイアナ元妃が交通事故死して10年目を迎えた。グレース王妃といい... キナ臭い匂いが漂っている出来事である。

表舞台には公にされない裏世界の情報を紹介するサイト「阿修羅」や「きっこの日記」など、ネットワークでこれらを拾うのも楽し。。


そして、今、『明治天皇、替え玉説』が面白い! ねぇ、眠ちゅわん。


posted by ぽんしょん at 20:41| Comment(4) | TrackBack(1) | □ Parallel the world

2007年08月29日

皆既月食


2時間以上も月を眺めていたのは初めてではないだろうか...

満月と皆既月食、そして、雲が皆無の夜空... この絶妙なるタイミングを得た我が街で、お月さんは華麗なる天体ショーを披露してくれた。皆既食始が始まった空には、数機のヘリや航空機が航行灯を明滅させながら飛行していく。

双眼鏡、デジカメ、ビデオカメラを準備して、お団子を頬張る!
別に、中秋の名月のお月見ではないのだが... 気持ちは「お団子」だった。。


皆既食終わり後に、満月の輝きが目に飛込んで来る。
地球の影が投影された月を双眼鏡で覗くと、普段では滅多に感じることのできない『月は球体なんだっ!』と、改めて見せつけてくれる!

プチ感動。。。

今はもう何ごともなかったように... いつもの満月として皎々と地表を照らしている。


はむクリック


posted by ぽんしょん at 03:01| Comment(2) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年08月15日

ドーンっとなった花火がキレイだな!ってか...


やぐらに太鼓の音... 近所でも盆踊りが始まっている。
終戦記念日の今日、旧暦のお盆でもある北海道。浴衣を着た子供たちが、こども盆踊りの参加賞で貰った「花火セット」を手にして家路へと向かう姿が目につく。


夏休みでもあり、所々で打ち上げ花火の多いこの季節... 受け売りだが「打上げ花火」の雑学をちょいとご紹介。。

花火といえば『鍵〜屋』に『玉〜屋』! 言い替えれば、打上げ花火製造会社名称である。「鍵屋」が本家で、そこから分家したのが「玉屋」だそうだ。
由来は、稲荷神社(場所不明)のお稲荷さんが口に喰わえていたのが「蔵の鍵」と「玉」で、一対を成していた。 そこから屋号として貰ったらしい。。

当時、両国橋を挟んで『鍵屋』が下流側(だったかな?)『玉屋』が上流側で互いの腕を競い合い、夜空に大輪の花を咲かせていたようである。
なので、ギャラリーたちも、むやみに『かぎ〜や〜/たま〜や〜』と声を発していた訳ではなく、見事な打上げ花火に対して場を盛り上げていたらしい。
因みに、分家『たぁ〜ま〜や〜』の方が技術もあり人気があったみたいだ!


打上げ数、20〜30発程度の「夏の納涼大イベント」...
庶民の道楽がまだ少なかった江戸時代の、お話でありました。。

おあとが宜しいようで。 Don Do〜n!♪

posted by ぽんしょん at 04:19| Comment(3) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年08月09日

熱闘甲子園(湿気つき)


最近、気温は高いのだが曇り空が多くて、珍しく湿度も高い北海道。
今夜も札幌ドームで「日ハム VS 東北楽天」の試合がある... 日ハムの先発ピッチャーは、今、何かと話題のダルビッシュくん。楽天は... 田中クン...では、なさそうだ...。


ということで、今年も始まった高校野球!

北海道代表は『駒大岩見沢と駒大苫小牧』の兄弟校出場...で、とても嬉しい。
が、「駒大岩見沢」初戦の相手校はあの「帝京」...なのである。
が〜〜〜〜〜ん!

その駒大岩見沢の初戦は、明日金曜日の第一試合。
我が街はどう賑わうのだろうか!?

posted by ぽんしょん at 15:43| Comment(5) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年07月12日

桜ん坊を狩る!


北海道は今、さくらんぼの季節。。

農園が近くにあるというのは、とても素晴らしいことである!
甘い蜜を求める蜜蜂のようにフラフラと<さくらんぼ狩り>に出掛けて来た。

桜の木といえば、小説「帝都物語」で
『人骨を懐に抱いて桜の木は育っている…』と、ゆーよーな
くだりが載っていた気が...

わたくしの場合、さくらんぼを懐に抱いて持って帰ります。。


桜ん坊、葡萄、林檎と... これからも狩りは続く。


はむクリック


posted by ぽんしょん at 05:10| Comment(7) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年07月02日

電気仕掛けのプードルにスイッチはあるのか?


その子犬は、ゼンマイ可動か? 電池可動なのか...?
お腹の部分を触りながら、スイッチの箇所を探してみる。

いつの間に、稼動したのだろう!?

快活な四肢の可動ジョイント部分... 極小ベアリングでも導入されているのか?
せわしなく動きだし、やたらと舌で指を舐めてくる。
長さ5センチ程の尻尾も、引きちぎれんばかりに左右に振ってくる。。

誰が遠隔操作しているのだ!?

目を凝らして周りを見てみたが... そんな輩は何処にもいなかった。


はむクリック


posted by ぽんしょん at 03:14| Comment(2) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年06月26日

Thorough fight !


ある本に、こんなことが記されてあった...

『人と争ったときに、逃げ場がなくなるまで相手を追いつめちゃいけない』


思い起こせば...
むかし、徹底的に応戦したこと幾数回。

年齢を重ねて、この言葉の意味が理解できる今日この頃...
丸くなったのね! わたくし。。


逃げ場を失った方々... ゴメンね。
時を経て、反省でつ。


posted by ぽんしょん at 01:35| Comment(4) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年06月15日

初夏への散策

6月に入り、良いお天気が続く。。

樹々の新緑が映えわたり、遠くに見える山々にも緑が一面に覆い被ってきた。
近くの森林では、カッコーや春蝉たちが鳴き出す... それは、過ごしやすい北海道の『初夏』が始まったことを告げる。

そんな風景を眺め、奏でられる音を聴いていると自然の世界へと誘《いざな》われてしまう。。

先日、まだ踏破していなかった自然公園の散策をして来た。
予想に反して緩やかな傾斜... 無理なく山道を登って行ける。。森林の中では野鳥たちが主役... 遠くで「山鳩」が鳴き響き、目の前では「ウグイス」が執拗に鳴いてくれている!

余談だが、北海道は緯度が高いせいもあり、標高の高い山間部でしか見られない野鳥たちも、比較的簡単に平野部で見られることが多い。身近な場所で、気軽に野鳥観察ができる所以である。。


出迎えてくれるのは、野鳥ばかりでもない。

突然、沿道に野生の「ツツジの花」が現れる... 群れてはいない。ただ、ひっそりと... しかし、堂々と咲き誇っている。他にも人間のおばちゃんに化け、軽トラで山菜採りに嵩じている「たぬき」 さっそく、証拠に写真でもとケータイを構えたら、尻尾を巻いて消えてしまい... 軽トラだけが山道に残ったままになった。


さらに歩を進めて行くと、のんびり日向ぼっこしている「へび」
人間の気配に気付き、山の斜面を掛け上がる「野うさぎ」

花から花へ... 忙しく舞う「カラスアゲハ」などなど。


走る風、追う風、流れる風...
それぞれの揺らぎを五感で受け止めて... 想う。

自然と同化するならば、日常生活に横たわるエゴイズムや柵《しがらみ》などを払拭させてくれる心を創り出してくれる... 己を、感性を、行動を、前向きに素直に研ぎ澄ませよ! と、呼び掛けてくれるのだ。


そこ <-自然-> は...
今、見せることができる総ての姿を、惜し気もなく披露してくれていた。


はむクリック


posted by ぽんしょん at 03:55| Comment(9) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年06月03日

○○の定義とは

水晶体の細胞が除々に硬くなって柔軟性が失われていく。
ある程度、水晶体の柔軟性が奪われてくると、だんだん近業を行う為の調節力がなくなる為、近方が見えなくなる。

つまり...
水晶体が硬くなる事による調節力の衰えるこの状態を『老眼!』という。

照明を落とした暗い編集室で、一日中パソコンと向い合っていた最近の仕事で...
一段と進んだ『老眼!!』
情けないが、とうとう『老眼鏡』を買ってしまった!


好みを選択できる余地がない『¥100均の老眼鏡』を重宝している...(悲)


老眼鏡でち


posted by ぽんしょん at 03:45| Comment(4) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年05月17日

世にも…まったりな物語

ひさしぶりに、のんびりと一日を過ごした。
車で5分程にある、見渡す限り自然いっぱいの公園。森林浴も兼ねて、読書なんぞ決め込んで来たのである。。


まったり01



燦々と降り注ぐ陽光... 時おり、耳に囁いてくる風の音。そして、野鳥が呟く様々な話し声... 大地にはタンポポが咲き、ミツバチが通ってくる。シートを敷いて横になり、本を手にする。シートの傍らでは、アリたちが忙しそうに歩き回っていた。


まったり02



活字を読み進めながら...
たまに、天を仰ぎ... 雲を眺め... 空《くう》を見つめる。

カラスが... 何をしているのか...?
と、言いたげに近づいて来る。

頁を捲ると、こんな文面が載っていた。


はむクリック



posted by ぽんしょん at 15:02| Comment(10) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年03月30日

春よ…来い!

大変、ご無沙汰の登場です。

2月、3月は何かとチョロチョロ動き回っておりました。
そのため、ブログ更新も途端に手薄状態へと。。

そうこうしている内に、家の周りの雪はほとんど消えてゆき...
眼前の森林に「アオサギ」が舞い戻って来ていた...
天空を見上げれば、白鳥が彼方へと渡って往く。

『チュンチュンチュン... 』

昨年、ほとんど姿を見掛けることがなかったスズメが... 昨日、実家のまだ冬囲いが取れていない庭の樹に潜んで一生懸命に鳴いていた。


そして過日、前職場の同僚たちと11年振りに飲み会を行う。
乗りの良さ、騒ぎ方の上手さは全然変わらず... そんな面々や自分にも、幾許かの『春』を感じた...


北海道にも確実に、自然の営みが現れて来ているようだ。

ちゅうりっぷ


posted by ぽんしょん at 02:26| Comment(2) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2007年01月21日

ミルキーはママの味 …

ペコでち
ペコちゃん泣く...


posted by ぽんしょん at 02:53| Comment(2) | TrackBack(1) | □ Parallel the world

2007年01月14日

お陰さまで…

ここんところ毎日、除雪をさせて頂いております。

昨年末、正月と暖冬で雪の少ない日々を過ごしていたのが夢のようでございます!
動きが鈍くなる冬場にとって「除雪」とは大変に実用的な作業、ならびに適度な運動量を与えてくれます。
衰えていた筋力がパンパンに主張し始め... そう、翌日... もしくは翌々日の起床時には北海道の冬を身体で『実感』させてくれるのであります。

先々週金曜日までの当地の積雪量は14センチ... それが、1週間後の一昨日には97センチにも膨れ上がっており、一気に挽回を謀っているようなのでございます。。

今宵も、もりもり降っておられます!

さあ、明日も... マイナス60℃まで耐えて下さる防寒用ゴム手袋「きいろちゃん」を履いて<北海道弁>、除雪に勤しむのでございます。。。


きいろちゃん


posted by ぽんしょん at 01:18| Comment(3) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2006年12月31日

Parallel the world

パラレルわーるど たる パラレルワールド なる ゆえん

今まで、瞬間瞬間を生き... 不必要と思われるものは切ってきた。

そうやって現事象を過ごし、それが次現象へと変化していくものだと...
どこか心の中で思っていた。ここ数年、そして、年の瀬の今月... それは見事に覆されてしまった。

言動を悔い改め、現事象の関わりを結びつつ... 次現象へと進化させる。
『現状をどう考えるか!?』を問題にしなければ、前には進めない...!と、今更ながら想う。


以下に、ある出版物に記されていた内容を引用する。
一見、関係がないようで、関係のあるものと感ずる『概念』....


みなさん、良いお年をお迎え下さいませ。


【 量子論における「多世界解釈」】
この関係について、オーストリアの物理学者シュレーディンガーは「シュレーディンガーのネコ」と呼ばれるパラドックスを考え出した。

先ず、蓋のある鉄の箱を用意し、中に放射性物質・放射線の検出器・検出器に連動した青酸ガス発生装置を入れ、放射性物質が原子核崩壊を起こして放射線を出すと、検出器が感知。毒ガスの発生装置が作動するという仕組みにしておく。
この箱の中に生きているネコを入れ、蓋を閉める(ネコは音や振動をたてないものとし、外から中の様子はうかがう事はできないものとする)もし放射性物質が放射線を出せば、ネコは死んでしまう。

1時間のうちにラジウムがアルファ粒子を出す(放射線が発生する)確率を仮に50%とすると、1時間放置した後、箱の中のネコの生死はどうなっているのだろうか?

勿論、ネコの生死は蓋を開ければ直ぐにわかる。
しかし、シュレーディンガーは「蓋を開ける前のネコの状態をどう考えるか」を問題にした。 (一部抜粋)

posted by ぽんしょん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | □ Parallel the world

2006年12月18日

いるみねーしょん

先日、冬の札幌風物詩「ホワイト・イルミネーション」を観て来た。
大通り公園内にあるテレビ塔展望台にも初めて昇ってみた。。
もう50周年だそうだ。  地上にも天空にも...
そこら中に、カプールがいっぱい!<意外と関西人が多かった>

へへっ、実はわたくしもカプールだった。。
現在、おつき合いさせて頂いている女性がいるのです。

そんなこんなんの、最近あった出来事のひとつ...
イルミネーションでした。


はむクリック


posted by ぽんしょん at 23:42| Comment(5) | TrackBack(0) | □ Parallel the world